前へ
次へ

投資用の不動産物件は日当たりを重視すべきか

投資物件を探すために不動産の広告を色々見てみると、日当たりがアピールされている事があります。
日当たりが良い物件なので、投資してみませんかとアピールされている事もよくあります。
確かに日当たりが良ければ、入居者も若干集まりやすくなるとは考えられますが、それよりも重視すべきなのは不動産物件の利便性です。
日当たりが良好であるに越した事はありませんが、それで入居者が劇的に集まりやすくなる訳でもありません。
むしろ駅からの近さや都会エリアにある物件かどうかが、重視されるケースが多いです。
やはり交通至便な物件の場合は、入居者も集まりやすくなる傾向があります。
投資物件で家賃収入を稼ぎたいなら、空室リスクなどは決して軽視できません。
入居者が集まりやすい物件を選んでおく方が良いので、まずは交通の利便性に注目してみると良いでしょう。
ちなみに日当たりは、むしろマイナスポイントになる事もあります。
地域によっては、夏は非常に暑くなってしまいますし、あまり日当たりを重視しなくても問題ありません。

Page Top