前へ
次へ

不動産投資においてのリスク

不動産投資はリスクがあります。
そばに新築供給が増加したり、大学が離脱すると、ニーズに対して供給が非常に多くなり空室が増加することの多い社会環境というものになります。
不動産投資において空室の期間が長引いてしまうと、開始時計画していた賃料を手にすることができず、投資スケジュールに狂いが生じます。
投資段階でいくらかは住居の家賃が下落したり、空室が増加しても問題がないプランニングをしておかなければなりません。
また、日本という国は、災害大国といえます。
地震により家屋が倒壊する可能性や、台風で浸水する危険性があります。
立地については、ハザードマップを閲覧することで地震などに対する可能性はあらかじめチェックが可能です。
地震などの可能性については、火災保険へ入ることで、リスクを減らしていけるので、火災保険の保障を選択することも大切となります。
鉄筋コンクリート造を採り入れると、耐震性についてのハイレベルなため、こうした物件を採用することでもリスクを引き下げられます。

Page Top