前へ
次へ

不動産は安定感がある投資方法

不動産投資の場合は、株式とは異なって毎日のように動きを見せたり、経済環境の良しあしによって大きな変化を起こすことはないことから、スタート時にスケジュールしていた収益を安定的に受けることができるというポイントでは、アドバンテージになります。
不動産投資においては、継続的な住居の家賃収入を当て込むことができるため、収支が安定的と言えます。
決定的な問題点がないかぎりは、標準的には3から6パーセントくらいの利回りを継続的に受け取ることができます。
株式についても配当や株主優待が充実している会社に対して資金投入すれば、そういったものを引き続いて受け取ることが不可能ではありません。
しかしながら、会社業績の沈み込みや基本姿勢の転換などによって配当金の金額が少なくなったり、或いは株主優待がストップされたりすることもよく見受けられます。
ゆえに株式と比較した場合、不動産は安定して収益をあげることができるといえます。

Page Top