前へ
次へ

生命保険の代わりにもなる、不動産投資

万が一の時に備え、生命保険に加入する方がたくさんいらっしゃいます。
不動産投資自体が、生命保険の代わりにもなるという事実は余り知られていません。
不動産投資を行う方の大半が、金融機関で住宅ローンを組んでいます。
住宅ローンを支払っている最中に契約者がお亡くなりになったり、日常生活に支障が出るような障害を負われる可能性も否定出来ません。
そのような場合は団体信用生命保険が下りますのから、残額は清算されます。
それ以降のローンは、支払う必要がなくなるのです。
不動産投資を行っていた契約者に万が一の事態が生じたとしても、アパートやマンション等の物件が消滅する事はありません。
全てが空室にならない限り、家賃収入を生み続けるのです。
従ってご遺族が相続し、家賃収入を得る事が出来ます。
デメリット部分が気になる場合、早めに売却し現金化すれば良いのです。
ご遺族にとっても経済的なプラスになる可能性が極めて高い為、不動産投資は一般的な生命保険の代わりとなるような側面も併せ持っています。

Page Top