前へ
次へ

一棟物件の不動産投資のデメリット

一棟物件の不動産投資にはデメリットもあります。
まず 融資が区分マンションと比較するとハードルが高いです。
一棟は区分マンションと比べて事業性の面を期待されます。
その前提に立って、担保評価あるいは貸し倒れリスクが見られないか、与信判断を見たりと区分マンションと比べても貸し出しの難しさは上がります。
元来不動産投資を行ったことがない人は一棟ものを手に入れるときに返済実績がありませんから融資がつかない事すらあります。
したがって、スタートを切ることができないこともあり得ます。
また、一棟はスケールも大きいことから売りにくいと言えます。
譲渡するときには他人に購入してもらわないといけないので手にする人に融資がつかないと取引できないというところがあります。
あらためていうまでもなく、不動産業者へと売るのも一つですが売りにくい物件ですから安く買われることがあり得ます。
区分マンションとは異なり金額が小さくないので大幅に下げられることも想定されます。

Page Top